たまねぎ殿
FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny

1弾環境振り返り【WIXOSS】

 今週の木曜日には緑と黒の新STが、その2週間後には新ブースターが発売されるので1弾環境について振り返ってみようかと思います。
 ただ、昔(?)のことなのでうろ覚えなのと、実際に触れてないデッキも多いのでトンチンカンなことも言ってると思います。
WX01-002.jpg

【暁の巫女 タマヨリヒメ】
 最初期では多く使われていたと思います。そして暁タマの全盛期
 暁タマは自身の効果でシグニのパワーを上げることで盤面上での強化し、CIP能力や起動効果で相手の盤面を空けることで打点を入れることができます。
 発売当初、ゲーム性を理解してない段階だったのでパワー上昇+除去と非常に強力に見えましたがグロウコストの重さ、低いリミット、起動効果でタマがダウンすることの使いにくさが目立ってきて使用者が減ってきているように見えました。

WX01-004.jpg
【轟炎 花代・爾改】
 こちらも最初期で多く使われていたルリグだと思います。
 本来0→4までグロウするのに6コスト、ルリグデッキを5枚使用するのに対して轟炎は2コストでルリグデッキも3枚しか使うことがなく4コスト+アーツを2枚多く使うことができます。それにより強力な効果を持つ《背炎の陣》や《ドローツー》での暴力をしかけて行きました。この考え自体は他の色にも流用され、今でも「○止め△△」というデッキも見ることがあります。
 また、花代のメリットとしてリミットが6あるので2-2-2と並べることができます。これにより先行を取った時の盤面制圧量は非常に高かったです。
 最近少し減ってきているとはいえ、アーツを多く使えるのが利点なので今後強力なアーツが増えるにつれ数も増えていくと思います。

WX01-001.jpg
【太陽の巫女 タマヨリヒメ】
 現トップメタの1枚ですね。
 ルール上シグニから受けるライフへのダメージというのはアーツを使うことでしか止めることができません。そのため1コスト+手札1枚(実質1コスのスペルを使うのと同等)で盤面を空け、確定ダメージを入れることができるのが強みです。
 盤面も《ローメイル》や各種盾シグニなどで割られにくい盤面を作りやすくハンドを温存しやすいです。
 また、《ヴァルキリー》で状況によって必要なカードをサーチ、その《ヴァルキリー》をサーチできる《ミカエル》、をサーチできる《ハニエル》を採用し安定力を高めた【循環型】や【捻るーぷ】と呼ばれる型がありました。このタイプのデッキは相手のシグニを割ることがなく相手にエナを与えず相手の行動を縛り有利なゲームをするデッキです。
 そして、多少不利な状況でも《アークオーラ》でワンチャンス作れるのも強みでしょうか。
 今では《ヴァルキリー》以外の天使を抜いているデッキもあったり構築の自由度があり、安定性、盤面制圧力、攻撃力、防御力が揃っていて大会でもよく見かけます。

WX01-011.jpg
【熾炎舞 花代・参】
 《轟炎》とはまた違った動きをする花代さんです。
 《オルドナンス》や《オリハルク》などの優秀な除去効果を持ったシグニを使い、テンポよく相手の盤面を空ける速攻デッキです。おそらく速度は《轟炎》より速いです。
 先行なら2T目の時点で相手のシグニは多くて2枚なので《轟音の火柱》か《ランチャン》で1面を焼いて2点、3T目に自身の効果+《オリハルク》か《オルドナンス》で2面焼いてもう2点と入れることができ、残りも《背炎の陣》などで焼き払っていきます。
 L4までに上がらず3で止まる利点としては、《轟炎》のところでも書きましたがグロウコストの節約とルリグデッキのスペース確保です。L4まで上がると《アダマスフィア》が使うことができますが、L4まで上がる花代ですらL3でストップかけグロウコスト分でアーツを打つこともあるのでそこまで利点になることはないと思います。
 最近大会に出ている花代の割合は6:3:1(熾炎舞:轟炎:百花繚乱)なイメージがあります。

WX01-034.jpg
【青緑ループ】
 一時期話題になった青緑ループが出てきたのはこの頃でしょうか?
 《芽生え》や《増援》+《オサキ》でエナをブーストし、《THREEOUT》で使った手札を補充。これを使い回し山を何度も再構築しエナに不必要なカードを送り、好きなカードを何度も使いまわすデッキ(?)です。
 一応勝ち筋としては《修復》連打で耐久ゲーしたり、《TooBad》をループさせ《大器晩成》を打ち勝つらしいですが大会環境となると時間切れまで回し、エクストラターンでのライフ差で勝っていたそうです。そのため大会時間や時間切れした場合などの対処が変わったりしたショップも多かったと思います。
るぅるぅを守って正々堂々楽しくばとうー!
 ちなみにこの頃普通の緑では軽いソリティアして修復で耐えながら相手のライフが2以下になったら《大器晩成》投げつけるゲームやってたと思います、数が少ないのでよくわかりません。

WX01-005.jpg
【コード ピルルク・Ω】
 やってきた我らがピルルクたん。
 発売当初は「弱い」だの「あきらっきー成りきりグッズ」だの「眼鏡が要らない」だの言われ続けましたが必要なカードや不必要なカードが理解され始めここ最近で評価が見直されてきて、環境上位のメンバー入りを果たしたのではないでしょうか?(今の環境は太陽、Ω、熾炎舞がジャンケンの関係で3トップだと思ってます、個人的な意見なんで鵜呑みしないでください)
 《シャークランス》や《アライアル》、《THREEOUT》でハンドをかき集めΩに乗ったターンで相手のハンドを0にしてから相手のガードを縛りながらチクチク攻撃していくデッキです。
 このゲームでの攻撃の通し方は2通りで「ルリグの攻撃を通す」か「シグニの攻撃を通す」です。(LOのペナルティ狙いや断罪の軋轢での直接ダメージはコンセプトとしてはまだ実用的ではないと思います)
 ルリグの攻撃に関しては手札にガードがアレば防げますが、太陽のところで書きましたが一度空いた盤面に対してのシグニの攻撃はアーツでしか止めることができません。なので多くのデッキではいかに「相手のシグニをどかす」かということが重要視されていましたが、除去手段の少ないΩに関しては逆で「相手にガードが無ければルリグの攻撃は止められない」という行動を唯一取ることができるルリグです。そのため除去手段が《BADCONDITION》のみでも攻撃を通すことができます。長期戦をしかけるデッキの性質上ミラーでの対戦は時間が最大の敵かもしれません。
 また、数が増えてきた赤に対して無理なく《ドントムーブ》を2回打つことができるのも強みでそのために増えてきたのもあるかもしれません。
 
WX01-019.jpg
【四型皇艶娘 緑姫】
 強力なアーツ《ゼノマルチプル》の登場により台頭してきたデッキです。
 とあるプレイヤーがショップで何度も優勝してブログに書いたものが2chで紹介されて(晒されて?)から使用者が出てきたらしいです、実際に使っているプレイヤーを見たことがないのでわかりません。
 詳しいことはよくわからないのでこちらのURLから解説動画に飛び、本人のブログのURLもあるのでそちらを参考にしてください。


 よく見る(見た)デッキタイプはこの辺りでしょうか?
 他にも様々なデッキはあったと思いますがイマイチ使用者が多くなることはなかったと思います。
 まだブースター1つしか出ていないのにこれだけデッキタイプが多く、どれもしっかり戦えてるのは良い環境ですね。(暁や百花繚乱のディス発言しましたけど普通に優勝できると思います)

 次の環境でもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

Post comment

  • 名前:
  • タイトル:
  • メール:
  • URL:

  • パスワード:

  • :管理人者のみに表示を許可します

Trackback

トラックバックURL:
プロフィール

琥珀鳥

Author:琥珀鳥
湘南地方のプレイヤー

微課金プレイヤーとして頑張ってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。